ランチェスター関西設立総会が開催されました!

2004年7月17日(土)
ランチェスター関西の設立総会がドーンセンター(大阪市中央区)にて盛大に行われました。約60名以上もの方々が、お暑い中、参加して下さりました!本当に、ありがとうございました!!

第1部

まずはNPOランチェスター協会本部の田岡理事長よりご挨拶。田岡理事長はとても上品な御婦人です。彼女はとても優しく、それでいて熱いメッセージを私達に送ってくれました。

次いで我らが荒山支部長のご挨拶。もう"気合十分!"といった様子で(彼はいつもそうです)、参加者の方々に力強~くご挨拶。おぉ、何だか会場のテンションがノッてきたな~!という感じです。

そしていよいよ、株式会社アシックス取締役会長、鬼塚喜八郎氏の記念講演!
題して「アシックス流ランチェスター戦略の実践!」を約1時間半もの間、熱く語っていただきました。

実は鬼塚会長は、NPOランチェスター関西の最高顧問なのです。

普段ではめったに聞くことのできない鬼塚会長の講演、本当に素晴らしかった!!では、その内容を一部ここで御紹介しましょう。

株式会社アシックスをいかにして、世界トップレベルの総合スポーツメーカーにまで育て上げたのか?

アシックスがまだ弱者であった頃はランチェスターの第一法則に習い、徹底した差別化戦略を行ったそうです。そして強者になった時、ランチェスターの第二法則に習い、スケールメリット追求戦略に切り替えたそうです。
この弱者の戦略から強者の戦略への切り替え!本当に見事です。これがアシックスが世界トップレベルにまで上りつめれた理由と言えるでしょう。

また圧巻は「オニツカ式キリモミ商法」。アシックスの、見事なまでの成長戦略を語っていただきました。
まず、アシックスはバスケットシューズ市場でシェアトップの地位を築き上げたそうです。次にマラソンシューズ市場の制覇、さらにはバレーボールシューズ市場の制覇...。そう、アシックスはランチェスター流一点集中主義を実行していたのです!

その他、経営理念をいかにして作り上げ、浸透させていったのか、経営者としての心構えなど、本当にためになる、熱いメッセージをいただきました。
これからの関西経済の復活の貴重なヒントを得れたような気がします。

第2部

第2部からは懇親会を行いました。
こんなに豪華なメンバーが揃った異業種交流会があっていいのだろうか?と思わず唸ってしまうほどの顔ぶれです。

株式会社アシックスの鬼塚会長をはじめ、株式会社フジキン代表取締役社長 小川修平様、コシノ3姉妹のグレートマザーで、今でもバリバリの現役デザイナーでもある小篠綾子様、わがランチェスター協会の副理事長でもある株式会社サンマーク代表取締役 竹端隆司様...

本当にここでは書ききれないほど、様々な企業のトップ経営者や役員、経営コンサルタント、金融機関関係者等の方々に参加していただき、和やかな雰囲気の中、楽しい会話と情報交換を行いました。

また、ちょっと趣向を凝らして「ランチェスタークイズ」も行いました。もちろん優勝者の方には豪華商品をプレゼントです!残念ながら優勝できなかった方にも日本の銘酒『久保田』をプレゼント!参加者全員が一体となって「ワイワイ、ガヤガヤ」と、大いに盛り上がりました。

本当にあっという間に2時間が過ぎ、最後に参加者全員で記念写真をパチリ。そして、一本締め!私達ランチェスター関西の事務局メンバーは気が引き締まる思いでした。

今回参加してくださった皆様、本当に有難うございました!ランチェスター関西は、関西経済復活のキーとなれるよう、これから日々研鑽して参りたいと思います。本当に有難うございました。

(ランチェスター関西事務局メンバー一同)